活動内容

クラス別テーマ概要

プライマリークラス・ミドルクラス・アドバンスクラスで゙は小学校1年生から小学校5年生までの子供たちを対象にクラスを設けています。クラス別に 自然体験教室で取り組むテーマが異なりますので、対象となる学年や体験したいテーマについては、下記をご覧ください。

プライマリークラス 小学校1年生・2年生
ミドルクラス 小学校2年生・3年生
アドバンスクラス 小学校4年生・5年生

プライマリークラス / ミドルクラス / アドバンスクラス

9テーマの中から7テーマを選んでお申し込みください。
各テーマとも3クラス合同で催行しますが、活動のテーマ領域は同じであっても、基本的に指導内容や学習レベル、活動の実際はクラスごとに異なった扱いをしています。ただし、共通する部分では合同で活動する場合もあります。さらに一定の目的のもとに、実習地でクラス混成のいくつかのグループを作り、上級生が各グループのリーダーになってメンバー全員が協力しあって活動することもあります。

2年生のお子さまのクラスについて
2年生のお子さまは、プライマリークラス、ミドルクラスを用意しています。 新規入会の方はプライマリークラスにご入会いただきます。継続2年目以上の方はミドルクラスもお選びいただけます。新規入会の方でもミドルクラスをご希望される方は事務局までご相談ください。

1
磯のカイメンを研究する
磯のカイメンを研究するこれが動物?どうやって生きている?

①磯を歩いて見てまわり、カイメンを探します。②見つけたカイメンが、磯のどういう条件のところで見つかったのか確認します。③カイメンが潮だまりの中で見つかったときには、カイメンのようすをしばらく観察します。特に、穴がどういうようすなのか、しっかりと確認します。④十分に観察、確認ができたら、一部のカイメンを採集します。⑤採集したカイメンを、ルーペや顕微鏡で観察します。⑥特徴を記録し、海におけるカイメンの役割を考えます。

ねらい

「海綿」は、正確には海綿動物と言い、世界中の海に生息しています。日本でも磯でふつうに見かけますが、注目度は低いです。一般的な動物の外形的特徴がほとんどなく、見た目は磯の岩の表面に平板に広がる物体です。色は黒かオレンジで、表面の所々に穴が開いていますが、見た目の変化はそれだけです。英名は「sponge=スポンジ」です。水を吸収するので、日本でも生活用具の一つとして古くから利用されてきました。これがどういう実態を持った生き物なのか、磯で採集して調べます。

実施予定地

神奈川県横須賀市

活動日程
  • 4/2(土)
  • 4/16(土)
  • 4/30(土)
  • 5/29(日)
  • 6/18(土)
  • 7/2(土)

予備日:5/14(土)、7/3(日)

2
コケを調べる、コケを育てる
コケを調べる、コケを育てるいちど死んでも、また生き返る?

①山中(林内)を歩いて、コケを探します。探すコケは10種類前後です。②コケを見つけたところの特徴、日当たり、方角、湿り気、まわりの植物、コケが生えている部分などを記録します。③見つけた場所の特徴が、コケに共通するのか、しないのかを記録した内容を確認して比較、考察します。④自宅で観察しやすいコケを採集し、容器に移して持ち帰って観察する予定です。

ねらい

コケは一般的な植物とちがい、固有の特徴を持っています。その一つが、脱水耐性です。一般的な植物は水分が不足するとからだが乾燥して枯れてしまいますが、コケは、限度はあるものの乾燥に強い体質を持っています。この特殊な機能は、太古に水中植物が陸上に進出したことと関係していると言われています。採集したコケのうち、数種類を容器に入れて持ち帰ってもらう予定です。コケは乾燥させなければ、長期間の栽培が可能です。ほとんど手間がかからず、じっくりと観察できます。

実施予定地

未定

活動日程
  • 4/9(土)
  • 4/10(日)
  • 4/23(土)
  • 5/7(土)
  • 5/8(日)
  • 5/21(土)

予備日:4/24(日)、5/22(日)

3
川の生態系を考える
川の生態系を考える石の裏にかくれる、ナゾの生き物?

①川に入って生き物を採集する前に、川のまわりの自然のようすを観察、確認します。②特にトリには十分に注意を払い、視界にトリがいるかどうか確認します。③川に入る前に、水生昆虫の採集のやり方の説明を聞きます。④安全な場所を確認した上で川に入り、水生昆虫を探します。見つけたら採集して、容器に移します。⑤採集した水生昆虫は川原でまず観察し、その後さらに細かく特徴などを調べます。⑥川の生態系について考えます。

ねらい

このテーマは、プレップクラス「水生昆虫」の応用編です。プレップクラスでは扱わないテーマの広げ方、掘り下げ方をします。水生昆虫の多くの成虫は短期間で死んでしまいますが、これらは川の上流域で生活する生き物にとって欠かせないエサとして、川に依存する生き物の生態系の底辺を支えています。川に入って水生昆虫を採集し、その後に観察、そして川の食物連鎖を考えます。羽化してからエサも食べずに数日で死んでしまう生き物には、はかなさを感じます。

実施予定地

東京都あきる野市

活動日程
  • 6/11(土)
  • 6/19(日)
  • 6/25(土)
  • 7/16(土)
  • 7/17(日)
  • 7/18(祝)

予備日:7/9(土)、7/26(火)

4
渓流でカジカをさがす
渓流でカジカをさがすじっとして、泳がないサカナ?

①川にいるサカナは、流域によって見つかる種類が違うことを理解します。②川の流域の中で、もっとも源流に近いところで見つかるサカナにはどういう種類のものがいて、どういう特徴を持っているかを知るようにします。③網の使い方、カジカが隠れていそうな場所がどういうところかなどを学習します。④山中の渓流で、網を使ってカジカを捕ります。⑤捕れたカジカを観察し、体の特徴と見つかった場所との関係を考察します。

ねらい

生き物には、その生き物に合った生息場所があります。川でいえば、源流、上流、中流、下流、河口と分けると、それぞれで見られるサカナが違います。例えばイワナやヤマメは、水が冷たく澄んでいる、源流に近い上流域(渓流)でしか見つかりません。カジカも、イワナやヤマメと似たような流域で見られるサカナです。その特徴は、「底生」の生き物であることです。カジカは泳ぎ回らずに、川底の石の下などにじっと隠れているのです。捕ったカジカをよく観察すると、このサカナの体の形が川底にじっとしているのに都合の良い形をしていることに気づきます。

実施予定地

神奈川県松田町

活動日程
  • 7/27(水)
  • 7/31(日)
  • 8/2(火)
  • 8/30(火)
  • 8/31(水)
  • 9/3(土)

予備日:8/24(水)、9/17(土)

5
海の微小生物を採集する
海の微小生物を採集する多くの生き物を支える、小さな生き物

①教室が独自に製作したプランクトンネットを使い、磯でプランクトンを採集します。②採集したプランクトンを容器に入れて観察場所まで運びます。③プランクトンのいる水を濃縮してプランクトンを取り出し、顕微鏡で観察します。④プランクトンの特徴を整理します。⑤プランクトンの海における役割を考えます。⑥海の食物連鎖(食物網)について考察します。

ねらい

教室特製の網を使って、磯でプランクトンを採集します。プランクトンの種類は多種多様ですが、どれも大きさが1㎜もありません。ふつうの網では網の間から逃げてしまうので、特製の網を使うのです。最終的には1滴の海水の中にいるプランクトンを顕微鏡で観察しますが、その1滴の中にプランクトンを集めるために、濃縮という作業を行います。プランクトンは、シラスなどの小さなサカナのエサになります。シラスは、より大きなイワシやアジなどのエサになります。このような食物連鎖についても学んでいきます。

実施予定地

神奈川県横須賀市

活動日程
  • 9/10(土)
  • 9/11(日)
  • 9/23(祝)
  • 9/25(日)
  • 10/2(日)
  • 10/8(土)

予備日:9/24(土)、10/9(日)

6
ウミホタルの、あやしい光を見る
ウミホタルの、あやしい光を見る青白い、その光の正体は?

①明るいうちに海岸に到着してウミホタルを捕るワナを用意し、最初の採集を実施します。②成果を記録します。そして、軽い食事を摂りながら暗くなるのを待ちます。③日没を待ってあらためてワナを仕掛け、15分ほど待ってからワナを引き上げます。④成果を確認します。明るいときの成果と比較し、違いがあれば理由を考えます。⑤ウミホタルの発光の理由や、海における生態系に占める役割を考えます。

ねらい

ウミホタルは海の生き物ですが、水中を泳ぎ回るのではなく日中は海底の砂の中にもぐって隠れていて、暗くなってから活動する生態を持っています。海底に沈んでいるサカナの死骸などをエサにしていて、天敵から身を守るために襲われそうになると水中に発光物質を放出します。暗くなってから活動するので、光る物質で身を守るために発光する仕組みを持っているのです。日没後に、海底にワナをしかけてウミホタルを捕ります。捕ったウミホタルを光らせると、暗い中に驚くほどきれいな光が浮かび上がります。

実施予定地

千葉県館山市

活動日程
  • 10/15(土)
  • 10/22(土)
  • 10/23(日)
  • 10/30(日)
  • 11/3(祝)
  • 11/5(土)

予備日:10/29(土)、11/6(日)

7
火山灰:巨大噴火のナゾにせまる
火山灰:巨大噴火のナゾにせまる九州から来た火山灰がどこにある?

①地層の中から色の違いなどに基づき特定の部分を確認し、その部分の土(火山灰)を削り取ります。②比較の対象として、削った地層の上下の地層(富士山の火山灰)も同じように削り取ります。③削った火山灰を水で洗い、乾燥させて顕微鏡で観察します。④それぞれの火山灰の特徴を整理して違いを確認します。また、由来などについても考察します。⑤姶良火山(あいらかざん)の特徴を理解して、遠くまで飛来できた理由を確認します。

ねらい

およそ2万7千年前、九州鹿児島の鹿児島湾(錦江湾)にあった「姶良火山」が破滅的巨大噴火を起こし、姶良カルデラが誕生しました。このときに高く吹き上げられた火山灰は、偏西風に乗って、遠くは青森県にまで達しました。このとき火山灰が富士山の火山灰に挟まれて、地層の一部として露頭となって観察できる場所が、富士山の東側、須走の近くにあります。そこは小山町の町有地になっていますが、今回、特別に町の許可をいただき、この露頭から姶良火山の火山灰を削り取り、顕微鏡で特徴を調べます。すると、火山灰がはるか青森県まで飛んだヒミツが見えてきます。

実施予定地

静岡県小山町

活動日程
  • 11/12(土)
  • 11/13(日)
  • 11/19(土)
  • 11/23(祝)
  • 11/27(日)
  • 12/3(土)

予備日:11/20(日)、12/4(日)

8
キンコンキン:菌根菌
キンコンキン:菌根菌共生…これなくしては、生きられない

①山中(林内)を歩いて、小型の樹木を探します。②木の下、周囲に落ち葉が堆積しているような、地面が柔らかいものを選び、表面の枯れ葉を取り除き、根が見えてくるまで土も取り除きます。③根が見えてきたら、まず根の周囲のようすを確認、観察します。④次に根の一部を切りとり、根の表面のようすをていねいに観察します。⑤一部を切りとって、顕微鏡であらためて観察します。⑥菌根の存在を確認します。また植物と菌根の関係を考えます。

ねらい

小学校の理科では、植物は根から土中の水分や栄養素、チッソ、リン酸などを吸収して生きている、と学習します。この「根から吸収」というのは、正確に言うとことば足らずです。約8割の陸上植物は、土中に存在し植物の根に侵入して共生している「菌類」の助けを借りて(介して)栄養素を吸収しているのです。このような菌類を、菌根菌と呼んでいます。マツタケは、マツタケの根に共生している菌根の一種であるマツタケ菌が作り出したキノコです。多くの植物は菌根菌との共生なくして生きてはいけないのです。その実態を調べ、考察します。

実施予定地

未定

活動日程
  • 12/11(日)
  • 12/17(土)
  • 1/8(日)
  • 1/15(日)
  • 1/21(土)
  • 1/22(日)

予備日:1/9(祝)、1/29(日)

9
新生代の化石をさがす
新生代の化石をさがす1500万年前の生き物に出会う

①岩盤を割るのではなく、川原にある石を割る、あるいは川原に転がっている石の表面を見て化石を探します。必要に応じてハンマーやタガネを使います。②見つけたものが化石かどうか、できるだけその場で判別します。③見つけた化石は持ち寄って、特徴や種類を全員で共有します。④化石について、基本的な知識を持つようにします。⑤化石を探した川原の周辺の地層なども一緒に調べます。

ねらい

化石は人類が絵画や文書などでその当時のようすを残すことが出来ない、遠い時代を想像する、あるいは推測するための手がかりの一つです。化石ですべてがわかるわけではありませんが、何らかの手がかりとなります。このテーマで化石採集に取り組む地層は、いまから約1500万年前の新生代第三紀の地層で、場所は秩父地方の一部です。現在の秩父はほとんどが山地ですが、かつてこの一帯は浅い海だったと言われています。見つかる化石はカニ、サメの歯、二枚貝などです。採集したものは一部を持ち帰ります。

実施予定地

埼玉県小鹿野町

活動日程
  • 2/5(日)
  • 2/11(土)
  • 2/12(日)
  • 2/26(日)
  • 3/4(土)
  • 3/5(日)

予備日:2/23(祝)、3/19(日)

※実習地、活動内容の一部が変更になる場合があります。