活動内容

クラス別テーマ概要

プライマリークラス・ミドルクラス・アドバンスクラスで゙は小学校1年生から小学校5年生までの子供たちを対象にクラスを設けています。クラス別に 自然体験教室で取り組むテーマが異なりますので、対象となる学年や体験したいテーマについては、下記をご覧ください。

プライマリークラス 小学校1年生・2年生
ミドルクラス 小学校2年生・3年生
アドバンスクラス 小学校4年生・5年生

プライマリークラス / ミドルクラス / アドバンスクラス

9テーマの中から7テーマを選んでお申し込みください。
各テーマとも3クラス合同で催行しますが、活動のテーマ領域は同じであっても、基本的に指導内容や学習レベル、活動の実際はクラスごとに異なった扱いをしています。ただし、共通する部分では合同で活動する場合もあります。さらに一定の目的のもとに、実習地でクラス混成のいくつかのグループを作り、上級生が各グループのリーダーになってメンバー全員が協力しあって活動することもあります。

2年生のお子さまのクラスについて
2年生のお子さまは、プライマリークラス、ミドルクラスを用意しています。 新規入会の方はプライマリークラスにご入会いただきます。継続2年目以上の方はミドルクラスもお選びいただけます。新規入会の方でもミドルクラスをご希望される方は事務局までご相談ください。

1
海の食物連鎖
フジツボ研究これが、エビ&カニのなかま?

①磯で生きたフジツボを殻ごと採集します。②フジツボがエサのプランクトンを捕食するようすを、水槽の中で観察します。③甲殻類のひとつである、フジツボの特徴をエビやカニと比べます。④エビやカニの捕食方法と、フジツボの違いを確かめます。⑤フジツボの味噌汁を試食します(希望者のみ)。

ねらい

エビやカニとフジツボを比べると、その生活形態は大きく異なります。いちばんの違いは、フジツボはいちど生活の場所を定めると、そこから動かないことです。となると、エビやカニのエサの捕り方と、フジツボのエサの捕り方が同じであるはずはありません。では、フジツボはどういう方法でエサを採取するのでしょうか...?

実施予定地

三浦半島の磯

活動日程
  • 4/6(土)
  • 4/21(日)
  • 6/1(土)
  • 6/2(日)
  • 6/15(土)
  • 7/6(土)
  • 8/1(木)

予備日:5/19(日)、6/8(土)、6/16(日)

2
沼の微小生物
沼の微小生物よく見ると、いろいろいる!

①沼の周囲を歩き、沼の特徴を調べます。②沼の複数のポイントで水を採取します。③採取した水を顕微鏡で観察し、採取したポイントによって微小生物の違いがあるかを確認します。④見つかった生き物を分類し、特徴を整理します。⑤沼の微小生物の役割について考えます。

ねらい

沼のように閉鎖的な環境には、その場なりの生き物同士のつながりがあります。つながりとは、食物連鎖(食物網)です。食物連鎖の上下のつながりを構成しているのは、生産者と消費者です。食物連鎖のピラミッドの底辺近くに位置づけられるのが、沼では植物性のプランクトンです。ここから沼の食物連鎖を考えます。

実施予定地

千葉県我孫子市・手賀沼

活動日程
  • 4/13(土)
  • 4/14(日)
  • 4/27(土)
  • 4/29(祝)
  • 6/22(土)
  • 6/29(土)
  • 8/3(土)

予備日:4/28(日)、6/23(日)、7/15(祝)

3
新生代の化石
食虫植物の観察どうして虫を食べるのか?

①コモウセンゴケやナガバノイシモチソウを探し、観察します。②虫を捕食している場面が見えていたら、そのようすを全員で観察します。③一般的な植物の特徴を理解し、食虫植物との類似点や相違点を考えます。④食虫植物が虫を捕食するようになった背景を考えます。

ねらい

植物を、栄養摂取の面から考えます。植物は光合成でおもな養分を作りつつ、 根からも土中の養分を吸収して生きています。一方で、植物には生存競争が存在します。一部の小型で弱い植物は、生き残るために十分な養分が得られない湿地のような環境をあえて選択しました。このような食虫植物の生き方から、植物の競争を考えます。

実施予定地

千葉県 成東・東金食虫植物群落

活動日程
  • 5/11(土)
  • 5/12(日)
  • 7/20(土)
  • 7/24(水)
  • 7/28(日)
  • 7/31(水)
  • 8/8(木)

予備日:5/26(日)、7/21(日)、7/30(火)

4
川の生態
死なないプラナリア本当か、確かめよう!

①プラナリアの採集方法を知り、渓流でプラナリアを採集します。②プラナリアが生息する環境の特徴を理解します。③プラナリアを持ち帰って飼育するにあたり、注意点等をきちんと理解します。④意欲があれば自宅でプラナリアを切る実験に取り組みます。

ねらい

トカゲは尾を切り離すことで危機から逃れられますが、切れた部分は再生はするものの完全に元のようにはなりません。ところがプラナリアは体の一部を失っても、完全に前と同じように失った部分が再生できます。プラナリアは再生医療の研究対象です。そのプラナリアを採集し、自宅でしばらく飼育してみます。

実施予定地

相模川の源流域

活動日程
  • 8/5(月)
  • 8/7(水)
  • 8/9(金)
  • 8/20(火)
  • 8/21(水)
  • 8/28(水)
  • 8/29(木)

予備日:8/4(日)、8/19(月)、8/31(土)

5
昆虫採集
恐竜時代の化石採集中生代の化石探し...恐竜、見つかるの?

①古生代、中生代、新生代の地質年代について、各年代の生き物の特徴を知るようにします。②化石がどういうものか、基本を理解します。③恐竜センターで、標本などの展示を見学します。④恐竜センター近くの山中で、化石採集に取り組みます。

ねらい

化石は、はるか大昔のようすを知るおもな手がかりです。この活動では 中生代にフォーカスして、その時代を代表する恐竜が生きていた頃の地層から化石をさがします。どれだけの成果が上げられるか、楽しみです。過去の例では貝類などが見つかっています。同時に恐竜が生きていた頃の地球がどんなであったか、想像します。

実施予定地

群馬県神流町

活動日程
  • 9/8(日)
  • 9/16(祝)
  • 9/22(日)
  • 9/23(祝)
  • 10/12(土)
  • 10/13(日)
  • 10/19(土)

予備日:9/15(日)、9/21(土)、10/6(日)、10/14(祝)

6
コケとシダと地衣類
夜の里山探検暗くなると、見えてくるもの...

①日中に里山の決められたルートを1時間ほど歩き、ルート沿いで見られる生き物を確認、観察します。②見たものはマップに記録しておきます。③日没を待って日中と同じルートを歩き、日中に観察した生き物のようすを確認します。④何か違いが見つかれば、その理由を考えてみます。
●このテーマは昼ごろに出発し、夜9時ごろの帰着になります。

ねらい

このテーマは夜行性の生き物を直接見ることが目的ではなく、昼と夜の違いを知ることがおもな目的です。暗くなると、昼間はうるさいほどに鳴いていた鳥の鳴き声が止まります。一部のチョウは葉裏に隠れていて、触っても飛び立とうとしません。こうした具体的な違いをさがし、昼夜の違いを確かめます。

実施予定地

東京都あきる野市・横沢入

活動日程
  • 10/26(土)
  • 11/2(土)
  • 11/4(祝)
  • 11/9(土)
  • 11/10(日)
  • 11/17(日)
  • 11/30(土)

予備日:11/3(日)、11/16(土)、11/24(日)

7
巨木の研究
鍾乳洞研究石を溶かしてみる

①陸地(山、平野)の土の下は見えないけれど、岩で覆われていることを知るようにします。②それらの岩の中には「石灰岩」という岩があることを知ります。③鍾乳洞が、それら石灰岩の内部にできることを、洞内の探索から理解します。④石灰岩を溶かす実験を通して、鍾乳洞形成の過程を考えます。

ねらい

マグマや熔岩を除いて、一部の地上の石は特定の条件のもとで溶けます。 ただし、溶けるとはいっても見る間に溶けるのではなく、溶けてそこに一定以上の空間が出来るまでには何万年、何十万年という時間が必要です。鍾乳洞を作っている石灰岩がどういう石か、実験を交えて詳しく調べます。

実施予定地

東京都あきる野市または埼玉県秩父市

活動日程
  • 11/23(土)
  • 12/7(土)
  • 12/8(日)
  • 12/22(日)
  • 12/26(木)
  • 1/13(祝)
  • 1/18(土)

予備日:12/1(土)、12/14(土)、1/19(日)

8
天体観望
多摩川のチャート採取と標本作り磨くと、とってもきれい

①岩石のでき方が、大きくは3種類であることを理解します。②その中の堆積岩について、組成やでき方を学びます。③チャートという岩石の特徴を理解します。 ④多摩川流域でチャートを採取します。⑤チャートを機械で研磨し、チャートの持つ美しさを知ります ⑥色別のチャートの標本を作ります。

ねらい

鍾乳洞の石灰岩も、このテーマのチャートも、生物由来の堆積岩です。 石灰岩が比較的柔らかい石であるのに対して、チャートは非常に固い石です。そのチャートには赤、青、灰黒などの色がありますが磨くととてもきれいです。時間的に全部の石は磨けませんが、磨いたものを含めて標本として持ち帰ります。

実施予定地

多摩川流域

活動日程
  • 1/12(日)
  • 1/26(日)
  • 2/1(土)
  • 2/2(日)
  • 2/9(日)
  • 2/11(祝)
  • 2/15(土)

予備日:1/25(土)、2/8(土)、2/24(祝)

9
春を待つ里山
貝殻標本を作るどうして、このかたち?

①軟体動物の特徴などを理解します。②海岸で貝殻を採集します。③採集した貝殻を現地でざっとクリーニングします。④貝殻を種類別に整理して、標本に仕上げる方法を理解します。

ねらい

海岸で見つかる貝殻には、ある程度地域性があります。サクラガイなら、鎌倉の材木座海岸がいちばんです。鎌倉から近いのに、逗子の海岸ではサクラガイはまず採れません。今回のテーマでは、一か所の海岸では採れるものに限度があるので、数カ所で採集の予定です。きれいな標本作りを目指します。

実施予定地

三浦半島の海岸

活動日程
  • 2/16(日)
  • 2/22(土)
  • 2/29(土)
  • 3/15(日)
  • 3/20(祝)
  • 3/22(日)
  • 3/25(水)

予備日:2/23(日)、3/8(日)、3/21(土)

※実習地、活動内容の一部が変更になる場合があります。