教室概要・クラス一覧

クラス一覧

theme

体験を積み重ねながらステップアップしていく、4のクラス

 早稲田こどもフィールドサイエンス教室には、年長児対象の「プレップクラス」と、小学生対象の「プライマリー(小学校1年生・2年生)、ミドル(小学校2年生・3年生)、アドバンス(小学校4年生・5年生)クラス」の、4つのクラスがあります。小学生クラスは同じ実習地に行き、同じテーマ領域で活動しますが、活動の内容構成はクラスによって、扱う範囲と掘り下げる深さ、難易度が異なります。テキストのページ数もクラスがあがるほど増え、学習するボリュームも異なってきます。プライマリークラスでは比較的平易な説明で興味を引き、ミドルクラスでは情報を加えて世界を広げ、アドバンスクラスでは詳しい説明で知的好奇心を満たします。
 またクラスごとに取り組みや扱う器具のレベルに違いがあります。その例として、観察用の光学機器の使用があります。プライマリークラスでおもに使うのは、「ルーペ(虫めがね)」です。教室ではルーペを使う機会をできるだけ設け、毎回、正しい使い方を反復し、慣れてもらうようにしています。この基本を経て、その次のステップとして本格的な「顕微鏡」の利用があります。顕微鏡も通常の「生物顕微鏡」だけではなく、対象を立体的に捉える「実体顕微鏡」や、両手を使いながら観る「解剖顕微鏡」、一人一台ずつ使える「個人用の顕微鏡」など、多様なものを揃えています。これをクラスごとに、段階的に使いこなせるようにしています。

おもしろい!に出会う

プレップクラス(年長児対象)

まず自然に触れてみて、さまざまな体験を通して、自然の豊かさ、美しさ、ふしぎさ、おもしろさに気づいていきます。
img 02

これなに?が生まれる

プライマリークラス(小学校1年生、2年生対象)

五感をフル活用して、多様な自然をじっくり観察しながら、
未知のものへの好奇心が生まれていきます。
img 03

なぜだろう?を育てる

ミドルクラス(小学校2年生、3年生対象)

自然の事象をさまざまな方法で観察していくと、
「なぜだろう」という問いが生まれます。
どんな「なぜ?」も大切にして、自分で考える力を身につけていきます。
img 04

わかった!に繋げる

アドバンスクラス(小学校4年生・5年生対象)

自分で問いをみつけるだけではなく、自分で調べ、観察し、
実験しながら自然の仕組みを理解していきます。
img 05