教室について

  • こどもフィールドサイエンス教室とは…
  • 教室の概要
  • 教室の一日
  • クラス一覧

クラス一覧

体験を積み重ねながらステップアップできる、4つのクラス

早稲田こどもフィールドサイエンス教室には学年別に4 つのクラスがあり、体験を重ねていくことでレベルが上がるようなプログラムになっています。同じテーマ、同じ場所で活動しても、クラスにより指導内容は異なります。たとえば、プレップクラスをはじめ、どのクラスでもルーペ(虫眼鏡)を使う機会をできるだけ設け、正しい使い方を反復して、覚えていきます。この基本をふまえ、上のクラスでは顕微鏡を使います。顕微鏡も、生物顕微鏡、実体顕微鏡、解剖顕微鏡を揃え、これらをクラスごとに段階的に使いこなせるようにしていきます。どのクラスから参加しても、体験を重ねながらステップアップできるよう、工夫されたカリキュラムです。

プレップクラス(年長児対象)

まず自然に触れてみて、さまざまに体験します。自然の豊かさ、美しさ、不思議さ、おもしろさに気づいていきます。

プライマリークラス(小学校1年生・2年生対象)

五感をフル活用して、多様な自然をじっくり観察します。ワクワクする出会いから、命あるものへの親しみをもち、自然を大切にする気持ちが育ちます。

ミドルクラス(小学校2年生、3年生対象)

自然の事象をさまざまな方法で観察していくと、「なぜだろう」という問いが生まれます。どんな「なぜ?」も大切にして、自分で考える力を身につけていきます。

アドバンスクラス(小学校4年生、5年生対象)

自分で問いを見つけるだけでなく、それがどうしたら検証できるかを考えます。自分で調べ、観察し、実験しながら、自然の仕組みを理解していきます。

2年生のお子様は、プライマリークラス、ミドルクラスのどちらもお選びいただけます。
あまり自然体験をしたことのない方はプライマリークラスを、ある程度の経験があり、
よりくわしく知りたいという意欲のある方はミドルクラスをおすすめします。