お知らせ

フィールドワーク熱中症の対策等について

日頃は教室に対するご理解をいただき、まことにありがとうございます。

連日35℃を超える猛暑が続いており、炎天下でのフィールドワークがご心配かと思われます。当教室ではフィールドワーク中のお子様の体調の変化に注意し、早めの休憩をとるなどの対策をしております。

・お子さまには水分補給を確実に行わせる。
・普段は1時間に1回の休憩であるが20分に1回の休憩を木陰、バスなどでとる。
※新生代の化石のフィールドワークでは河原のそばに大きな木があり、木陰で休憩を入れています。
・無理をさせない、危険な場合は早めに切り上げる。
※実習の目的が達席された時点で早めに切り上げる場合があります
・講師とスタッフが子どもの汗のかき具合、表情などを観察
・保冷剤を持参し、必要な場合はお子さまの首の周りを冷やすなどの対応
・万が一の応急措置に備えた準備(緊急用保冷剤の準備等)

現在のところ熱中症と見られるお子さまは出ておりません。
また約10年間で熱中症に対する大きな事故は一件も発生しておりませんのでぜひご安心をいただいてお任せいただけましたら幸いです。

今後とも教室へのご理解ご協力を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。

早稲田こどもフィールドサイエンス教室
一覧ページへ戻る